titleparts  イネ科植物 学名順   前属  前種  次種      一覧  HP   

コネズミガヤ Muhlenbergia schreberi

イネ科 POACEAE ネズミガヤ属

稈の下半部は節から発根しつつ地表を這う。葉身は長さ2〜7cm、幅2〜4mm、白緑色。葉は微毛があってざらつく。第1包穎は微小で長さ0.2mm以下、第2包穎は0.2〜0.5mm、広卵形から円形で上の縁が不規則に浅く裂け、コップのような形となって小花の基部を抱く。護穎の基部近くに長毛がある。護穎の先の2歯の間から長い芒がでる。

コネズミガヤ(Muhlenbergia schreberi)0

稈の下半部は節から発根しつつ地表を這う。
東京都青梅市厚沢 --- 

コネズミガヤ(Muhlenbergia schreberi)1

東京都青梅市 2010.09.05 

コネズミガヤ(Muhlenbergia schreberi)2

 2010.09.05 

コネズミガヤ(Muhlenbergia schreberi)3

葉身は長さ2〜7cm、幅2〜4mm、白緑色。葉は微毛があってざらつく。
 2010.09.07 

コネズミガヤ(Muhlenbergia schreberi)4

 2010.09.07 

コネズミガヤ(Muhlenbergia schreberi)5

葉は微毛があってざらつく。
 2010.09.07 

コネズミガヤ(Muhlenbergia schreberi)6

第1包穎は微小で長さ0.2mm以下、第2包穎は0.2〜0.5mm、広卵形から円形で上の縁が不規則に浅く裂け、コップのような形となって小花の基部を抱く。
 2010.09.07 

コネズミガヤ(Muhlenbergia schreberi)7

護穎の基部近くに長毛がある。護穎の先の2歯の間から長い芒がでる。
 2010.09.07 

11 180 100722

画像・文の無断転載をお断りいたします。

この頁は  Link free ですが、リンクをされるときは、このLINKを使ってください。