titleparts  スゲ属植物 学名順      前種  次種      一覧  HP   

サンインヒエスゲ Carex jubozanensis

カヤツリグサ科 CYPERACEAE スゲ属

長い匐枝を伸ばし疎生する。葉は有花茎とほぼ同長。基部の鞘は淡褐色。葉は幅3〜8mm、平滑。頂小穂は雄性、高く抽出し、棍棒状、褐色。側小穂は雌性、1〜3個が互いに離れてつく。雌小穂は数個の雌花をつける。苞は有鞘で葉身は短く、小穂より短い。匐枝。雌小穂と生育の悪い側小穂。雄小穂。雌鱗片は芒端、淡緑色、果胞と同長〜やや短い。果胞は狭卵形、長さmm、無毛。先は長い嘴になり、口部は2歯。痩果は倒卵形で3稜があり、頂部の付属体は湾曲した(?)嘴となる。花柱は3岐。

サンインヒエスゲ(Carex jubozanensis)0

長い匐枝を伸ばし疎生する。葉は有花茎とほぼ同長。
鳥取県鷲峰山 --- 

サンインヒエスゲ(Carex jubozanensis)1

基部の鞘は淡褐色。葉は幅3〜8mm、平滑。
 2010.05.24 

サンインヒエスゲ(Carex jubozanensis)2

頂小穂は雄性、高く抽出し、棍棒状、褐色。側小穂は雌性、1〜3個が互いに離れてつく。雌小穂は数個の雌花をつける。苞は有鞘で葉身は短く、小穂より短い。
 2010.05.24 

サンインヒエスゲ(Carex jubozanensis)3

 2010.05.24 

サンインヒエスゲ(Carex jubozanensis)4

匐枝。
 2010.05.24 

サンインヒエスゲ(Carex jubozanensis)5

 2010.05.24 

サンインヒエスゲ(Carex jubozanensis)6

雌小穂と生育の悪い側小穂。
 2010.05.24 

サンインヒエスゲ(Carex jubozanensis)7

雄小穂。
 2010.05.29 

サンインヒエスゲ(Carex jubozanensis)8

 2010.05.29 

サンインヒエスゲ(Carex jubozanensis)9

雌鱗片は芒端、淡緑色、果胞と同長〜やや短い。
 2010.05.29 

サンインヒエスゲ(Carex jubozanensis)10

 2010.05.29 

サンインヒエスゲ(Carex jubozanensis)11

果胞は狭卵形、長さmm、無毛。先は長い嘴になり、口部は2歯。
 2010.05.29 

サンインヒエスゲ(Carex jubozanensis)12

痩果は倒卵形で3稜があり、頂部の付属体は湾曲した(?)嘴となる。花柱は3岐。
 2010.05.29 

0 95 100722

画像・文の無断転載をお断りいたします。

この頁は  Link free ですが、リンクをされるときは、このLINKを使ってください。