titleparts  全植物 学名順   前属  前種  次種      一覧  HP   テキスト目次

ハカタシダ Arachniodes simplicior (3)

オシダ科 DRYOPTERIDACEAE カナワラビ属

葉面はやや堅い紙状草質。2回羽状複葉で、羽片は3−4対で少ない。先が急に細くなって、羽片とよく似た頂羽片となる。羽片は線形で先が長く伸び、基部が最も広い。基部第1番目の1対の小羽片が最も長く、他の小羽片の2倍くらいある。羽片と羽片の隙間が多い。羽片の真ん中に白緑色の線(斑入り)があって、鮮緑色の表面との対照が美しいものをもともとハカタシダと呼んでいたが、このように斑の無いものの方が多い。小羽片は広角の三角状楕円形、基部はくさび形で、上辺と下辺の外側には鋭い鋸歯がある。

ハカタシダ(Arachniodes simplicior)0

葉面はやや堅い紙状草質。2回羽状複葉で、羽片は3−4対で少ない。先が急に細くなって、羽片とよく似た頂羽片となる。羽片は線形で先が長く伸び、基部が最も広い。基部第1番目の1対の小羽片が最も長く、他の小羽片の2倍くらいある。羽片と羽片の隙間が多い。羽片の真ん中に白緑色の線(斑入り)があって、鮮緑色の表面との対照が美しいものをもともとハカタシダと呼んでいたが、このように斑の無いものの方が多い。 leaf face imbricate herbaceous .2 pinnate leaf , pinna 3-4 pairs ., pinna like top leflet . pinna linear long expand , basal wide . basal 11 pairs pinnule long , pinnule 2. pinna pinna crack many . pinna white green Casparian strip (), green front pairs , many
八王子市高尾町 2005.02.11 

ハカタシダ(Arachniodes simplicior)1

 2005.02.11 

ハカタシダ(Arachniodes simplicior)2

 2005.02.11 

ハカタシダ(Arachniodes simplicior)3

小羽片は広角の三角状楕円形、基部はくさび形で、上辺と下辺の外側には鋭い鋸歯がある。 pinnule wide imbricate elliptic , basal cuneate , upward downward outer sharp serrate
 2005.02.11 

ハカタシダ(Arachniodes simplicior)4

 2005.02.11 

ハカタシダ(Arachniodes simplicior)5

 2005.02.11 

ハカタシダ(Arachniodes simplicior)6

 2005.02.11 

ハカタシダ(Arachniodes simplicior)7

 2005.02.11 

同じ種類の他のページへのリンク

 ハカタシダ ハカタシダ1 ハカタシダ4 ハカタシダ5 ハカタシダ9 ハカタシダ10 ハカタシダ114

14 417 100918

リンクをされるときは、次のURLを使ってください。 http://sigesplants.chicappa.jp/Arachniodes_simplicior-3.html